男女

使用する材質を変えることで用途の幅が広がる|3Dプリンターの材料

材料の選択肢が急増中

3Dプリンター

材料の選択肢が急増中

近年3Dプリンターは多種多様な製品が続々と発売され、製造業にたずさわる方にとっては、製品開発工程に改革をもたらすチャンスとなっています。3Dプリンターによる造形は量産には向きませんが、製品開発初期工程における試作品やモックの作成、個人の耳に合わせた補聴器や歯形の模型など、一品物の製品の形成に力を発揮します。通常は削り加工で作成しても納入まで2週間から3週間かかる部品の作成も、3Dプリンターならばそれに比較してごく短時間である数時間程度で作成できます。ただし、注意すべき点として作成に用いる材質によって寸法精度や強度、表面の質感、作成スピード、装置のコストなどに差が大きく出ることがあります。3Dプリンターに使用できる材料は、近年急速に選択肢が増しており、それらを比較し、自社の使用形態にマッチした材料を選ぶことで、効率的な業務遂行が可能となります。

各材料の様々な性質

3Dプリンターにおいて部品の成形に使用できる材料としては、ABS樹脂、PLA樹脂、アクリル樹脂、ゴム、石膏、銅、チタンなどが例として挙げられます。そのうち、コンシューマーから企業における製品開発まで安定して使用できる樹脂を例に出しても、色々と種類があります。ABS樹脂は粘りがあり強度も高く質感のよい樹脂ですが、熱をかけて作成するので歪みがでる点に注意が必要となります。PLA樹脂は硬く質感のよい樹脂ですが、比較的衝撃に脆いところがあります。アクリル樹脂は光造形方式に用いられ、高速に寸法精度よく作成できますが、半透明の独特な色合いになります。また強度を求めたい場合には金属材料を用います。装置コストは上がりますが、寸法精度よく、強度の高い部品の作成が可能です。それぞれの部品はABS樹脂やPLA樹脂なら熱溶解積層方式の3Dプリンター、アクリル樹脂なら光造形方式、金属材料ならば粉末焼結方式のように、材料によってプリンターの方式が異なります。自社の用途で必要とする材料を比較検討し、それに合った方式のプリンターを選ぶことで開発製造業務を効率的に運用できます。

業務に必要な機器を用意

トナー

会社の業務においてコピー機は必須です。しかし、コピー機を購入すると、固定資産税や初期投資額で悩むことになります。それを解消するためには、リース契約を締結するのが効果的です。リース契約のメリットは、コピー機を購入した時の問題を片付けることができます。

Read More

格安で購入できる

レディ

互換インクは格安に利用することができるためコスト的なメリットがあります。しかし純正インクと比較して精度が劣ることと、プリンターの寿命を縮めてしまう可能性があるのです。コスト対比にてどちらを使用するかを検討する必要があります。

Read More

印刷方式による違い

複合機

家庭用プリンターではインクジェット方式が主流ですが、ヘッドが目詰まりしやすくヘッドクリーニングのためインクも浪費されます。目詰まりがなくランニングコストに優れたレーザープリンターがビジネス用途には最適です。目詰まり対策を強化したビジネス向けインクジェット機も登場し、導入例が増えると予測されます。

Read More