印刷方式による違い|使用する材質を変えることで用途の幅が広がる|3Dプリンターの材料
ウーマン

使用する材質を変えることで用途の幅が広がる|3Dプリンターの材料

印刷方式による違い

複合機

ランニングコストに有利

大量の書類を印刷する必要のあるオフィスでは、プリンターにかかるランニングコストは重要なポイントです。プリンターには印刷方式によってインクジェット方式とレーザー方式の2種類があります。レーザー方式の方がランニングコストに優れていることから、多くのオフィスで採用されています。家庭向けに普及しているインクジェット機は印刷方式と構造上の性質により、プリンターヘッドの目詰まりが発生しやすいという問題点があります。そのためインクジェット方式では目詰まりを防ぐため電源を入れただけでヘッドクリーニングが自動的に実施され、大量のインクが浪費されるのを避けられません。年賀状印刷など年に限られた回数しか使用しないケースでは大きな問題もありませんが、ビジネス用途にインクヘット方式は不向きなのです。インクではなくトナーを使って印刷するレーザープリンターは、インクジェット方式のような目詰まりの恐れもありません。1つのトナーで数千枚の印刷が可能な製品も多く、コスト面ではインクジェット方式を圧倒します。かつてはカラーレーザーが非常に高価でしたが、現在では低価格のカラーレーザー機も登場して人気を集めているのです。

インクジェットも機能改善

カラーレーザープリンターの低価格化が進んでいるとは言え、本体価格はモノクロレーザーと比べると割高感もあります。大量のカラー印刷を必要とする小規模オフィスでは、機能面に不満を覚えつつも家庭用インクジェット機を使っているケースが少なくありません。インクジェットプリンターのヘッド目詰まりを防ぐには、定期的に電源を入れてヘッドクリーニングを実行することが必要です。プリンターのメーカー側でも最近は製造技術が向上しており、インクジェット方式のアキレス腱だった目詰まり対策が強化されています。自動的なノズルチェックなどの新機能によって目詰まりの発生を防ぎ、高い印刷品位を維持できるようになったのです。ビジネス用に開発された最新インクジェットプリンターでは、インクカートリッジの大容量化によってレーザープリンターにも迫るランニングコストを実現させています。インクジェット方式のもう1つの弱点だった印刷速度も改善しており、ビジネス用途に耐える製品が登場してきました。高度な目詰まり対策技術とランニングコスト改善により、カラー印刷を重視するオフィスでのビジネス向けインクジェット機導入が増えるものと予測されます。