業務に必要な機器を用意|使用する材質を変えることで用途の幅が広がる|3Dプリンターの材料
ウーマン

使用する材質を変えることで用途の幅が広がる|3Dプリンターの材料

業務に必要な機器を用意

トナー

機器の購入には欠点がある

記録媒体として紙を用いることは、時代遅れになりつつあります。ハードディスクに記録した方が、劣化やスペースを心配しなくて済むからです。しかし、会社の仕事では紙による情報伝達の方が便利なこともあります。それは決して珍しくないので、会社運営ではコピー機の導入が必須です。機器の導入を会社が意識した時、最初に考えられるのは購入サービスの利用です。現在では、各メーカーから様々な種類のものが販売されています。そのため、購入する際には、それぞれのメーカーの価格やコピー機の機能性などを重視した上で、比較しながら選んでいくとよいでしょう。そうすることで、目的に合ったコピー機を導入することができます。

欠点を解消できる

コピー機を導入したいと考えた時、最も一般的な手段がリース契約の締結です。業務用のコピー機を購入する時の欠点は、リース契約のメリットで解消できます。リース契約のメリットの1つは、所有権が業者である点です。業者の持ち物である機器を借りている格好なので所有権が移りません。固定資産税の支払いは所有権を持つ者が行うので、機器の導入先に納税義務はありません。よって、固定資産税の支払いは考えなくても済むのです。更に、リース契約でコピー機を導入すると、初期投資額が発生しないメリットがあります。リース契約によるコピー機の導入費用は、継続して課金する形式だからです。初期投資額の問題をクリアすれば、資金繰りに悩まなくても済みます。それがコピー機のリース契約を締結した場合の2つめのメリットです。