格安で購入できる|使用する材質を変えることで用途の幅が広がる|3Dプリンターの材料
ウーマン

使用する材質を変えることで用途の幅が広がる|3Dプリンターの材料

格安で購入できる

レディ

寿命を縮める可能性

プリンターには、レーザープリンターやインクジェットプリンターなどが存在します。家庭では一般的にインクジェットプリンターが使用されています。より鮮明に画像を印刷するために改良されてきたインクジェットプリンターはインクの種類も多くなっています。色数が多い方がより鮮明な印刷を行う事ができるのです。しかし反面インクの使用量が多くなるデメリットもあります。純正インクは価格が高く、コストになります。特に年賀状などのシーズンや写真を良く印刷する人にとっては、インクの使用量は負担になるのです。そのため純正インクを利用せずに互換インクを利用するケースもあります。純正インクと比較してかなり格安になっているためコスト節約になるのです。

コスト対比が必要

しかし純正インクと比較して多少画質が劣るデメリットがあります。しかし最近の互換インクは性能も質も向上していることもあり、純正インクとの差は縮まっているのです。しかしもう一つ問題があります。プリンターの寿命を縮めてしまう可能性があるのです。インクジェットプリンターの寿命はインクが正しく出なくなる目詰まりが生じた時です。初期のころは清掃などで対処する事ができますが、それがd駅なくなるように頻発になると使用ができなくなります。互換インクを利用していると純正インクと比較してこの症状を発生する可能性が高くなるのです。そのため互換インクを使用するにはプリンターの寿命を縮めてしまう認識が必要になります。最近のプリンターは価格も安いため、コスト対比することもできます。